日の出湯 日の出おふろセンター 銭湯なのに温泉?

日の出湯
 スポンサード リンク
一言特徴 川崎の銭湯も良質温泉
泉質 ナトリウム-塩化物冷鉱泉
pH 7.4
成分総計 9.504g/kg
温泉特徴 緑黄色
加温有・加水なし
循環式
露天風呂
混浴 ×
貸切風呂 ×
リンス 石鹸・シャンプー類なし
シャワー 固定・流し放題型
圧力普通
ベビーバス 見当たらず
施設印象 銭湯
大人料金 12歳より 470円
子供料金
幼児
6歳~11歳 200円
0歳~5歳まで 100円
乳幼児? 特に記載はなし
有料個室 ×
食事価格 食事提供なし
公式HP 日の出おふろセンター

 スポンサード リンク

■温泉

いわゆる普通の銭湯だが、温泉の浴槽があるので行ってみた。
露天風呂は4名が足を伸ばすといっぱいの大きさ。住宅地で当然空しか見えないが岩で囲まれた露天風呂に温泉が注がれている。17℃なので加温の為循環しているが、茶色い湯の華が舞う。緑黄色と言うか薄い笹の濁り湯と言うか、山奥の温泉と思える湯で、黒湯が多い川崎辺りでは珍しい。少し塩味がする等張性温泉なのでとても良く暖まる。
露天風呂に17℃源泉の注ぎ口があり、少し服してみると浴槽の湯よりもハッキリとした塩味がした。
内湯はすべて真湯だが、ジェット風呂や電気風呂、歩行浴
もあるなど、銭湯にしてはかなり充実している。
男性専用の大師サウナにも入るには追加料金が必要だが、内湯には無料の薬草スチームサウナもある。
銭湯なので石鹸やシャンプーは持参しよう。
※写真は施設HPより拝借

■施設
個人経営の昔ながらの銭湯である為、営業時間、定休日にも注意。
川崎市銭湯料金適用の銭湯なので、休憩スペースはソファーがある程度。靴ロッカーや脱衣所ロッカーはカギ式になっているが、脱衣所はやや狭い感がある。連接してコインランドリーがあった。

子供ポイント
中学生は学生証を見せると100円引き。また、5歳までの幼児は大人1人に対して幼児2名まで無料と川崎独自の割引もしている。また、脱衣所にはベビーベットが置かれていた。

アクセス
川崎駅の東口バスターミナルから川崎市営バス04系統に乗車。四谷上町バス停を下車して徒歩約3分。バスの本数は多いので便利。川崎大師からも徒歩約10分だ。
駐車場は道路の向かいに4台分だけ確保してあるので運がよければ止められる。
地図をよく見て出掛けて頂きたい。

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でフォローしよう!

 
スポンサード リンク

関連記事

 スポンサード リンク

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. 2015年 7月 17日

 スポンサード リンク

お勧め温泉

Twitter でフォロー

ページ上部へ戻る