黒湯 温泉ソムリエのちょっと解説

黒湯
 スポンサード リンク

東京近辺の温泉は「黒湯」が湧出することが多いですが、東京の黒色の濃さは日本屈指の黒さです。
黒湯は茶褐色・赤褐色・コーラ色・醤油色・コーヒー色・飴色・べっこう色・琥珀色などと表現されることも有ります。
泉質的にはモール泉とも呼ばれ、神奈川県でも川崎市・横浜市・相模原市などの日帰り温泉で湧出しています。

 スポンサード リンク

火山性の温泉では黒くなりません。黒くなると言う事は海洋性の温泉なのです。
なぜ、黒い水なのかと申しますと、古代の海の浅瀬に生えていた植物=ワカメやのりや、流れ出した木の葉などの植物類が海底に沈殿し、火山灰などの堆積物により厚く閉じ込められ、何億年と言う長い年月を掛けて圧力や経年変化で有機酸に分解された成分「フミン酸」が黒い色の元です。
要するに石炭の形成途上であり炭化が進んでいない泥炭や、亜炭層から源泉を汲み上げる事になった結果なのですが、泉質によっては独特のモール臭(油がこげたような臭い)がする湯もあります。
もっと、何億年単位と経過すると石油になる可能性がある地下水と言えば、わかりやすいでしょうか?
その為、油臭がする場合や、少しだけお湯に油が浮いているような場合もある温泉なのです。

え? 油の温泉に入るの? 体は大丈夫? とお思いになるかもしれませんが、含まれる天然の油分は僅かです。
しかし、その油が皮膚をコーディングしますので、保温・保湿効果があり、皮膚疾患にも効きますし、効能も実感しやすいです。

深度200m~500m位では主に地下水に溶け込み、深深度1000m以上では主に海水に溶け込んで、その堆積した水を「井戸」により汲み上げています。

場所によっては、地下水が豊富で、混ざった水の割合が多く、黒色が薄まって茶色など薄く感じられる温泉もあり、黒湯と言っても様々です。
特徴としては火山性ではないので、マグマで熱くなっておりません。
その為、25℃以下の冷泉であることが多く、加温して入浴すると言う事になりますが、1500mなど深度があると地熱で40℃近くまで暖まった温泉もあります。

そもそも、1500mも掘って、黒湯ではない、普通の地下水に当たったとしても、その水温は地熱で40度くらいになっています。
そのため、25℃以上の水が出れば、それは温泉と言う定義になるのです。

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でフォローしよう!

スポンサード リンク

関連記事

 スポンサード リンク

コメント

    • (=゚ω゚)ノ日
    • 2016年 11月 18日

    けんじさま、お問い合わせ誠にありがとうございます。

    関東の「黒湯」は火山性の温泉ではなく、海洋性、すなわち、ワカメなど、古代の浅瀬に生息していた何億年も前の植物性温泉となります。
    油分が含まれていると、油が身体を覆いますので、保温成分のような役割を果たしたりする可能性があります。
    ただし、温泉に入浴する、温泉施設を利用すると言う事は、心身ともに「リラックス」すると言う効果もございます。
    尚且つ、けんじさまのように、水風呂もセットにしますと、普段、適温に慣れている自分の体を、適時に刺激すると言う事もあります。
    しかし、ぐっすり眠れると言うのは、そのように心身面でも、大変リラックスできていると言う事にもなると存じますし、寝起きでもスッキリしていると言う事は、ストレス解消にも大きく役立っているのでは?と存じます。
    よって、温泉の効能と言うよりは、けんじさまの温泉施設利用法が適した状態なのだと感じます。
    逆に刺激が強すぎて、夜寝れないと言う事であれば問題ですが、このように自分に最適な利用法まで確立されている方は、極わずかだと存じますので、悪いことはないと存じますよ。

     
    • けんじ
    • 2016年 11月 18日

    温泉の効能で教えてください。(/_<)

    私の家の近くの銭湯(温泉)ですが、入るとその夜何故か死んだように
    眠ってしまいます。

    東京都大田区にある銭湯で、その地域で有名な黒湯という温泉です。

    入り方は、サウナ→水風呂→黒湯を計10分を3セットぐらいです。

    びっくりするくらい熟睡できるのですが、寝すぎてしまい少し困りものでもあります。

    12時~16時間ぐらい平気で寝てしまいます。
    でも起きたと寝すぎた感はなく、すごくすっきりしています。

    体にいいのか、悪いのかわかりません。
    教えてください。(/_<)

     
  1. この記事へのトラックバックはありません。

 スポンサード リンク

お勧め温泉

  1. ■温泉特徴  源泉名 横浜温泉(獅子ヶ谷温泉)  ナトリウム-炭酸水素塩泉  黒湯(透明…
  2. ■泉質  源泉名:湯の花揚湯2号泉(箱根町揚湯2号) カルシウム・ナトリウム・マグネシウム一硫酸塩…
  3. 一言特徴 源泉掛け流しが多い 泉質 アルカリ単純温泉 pH9.73 成分…
  4. 一言特徴 良質な源泉掛け流し有 泉質 ナトリウム・カルシウム -硫酸塩・…
  5. 一言特徴 循環も湯使いが良い温泉 泉質 ナトリウム-炭酸水素塩・塩化物温泉…
  6. 一言特徴 源泉掛け流し有 泉質 アルカリ単純温泉 pH9.3 成分総計 …
  7. 一言特徴 人工温泉は素晴らしい 泉質 温泉ではない 露天風呂 …
  8. 一言特徴 サウナが混浴 泉質 単純温泉 pH7.34 成分総計 0.2…
  9. 一言特徴 消毒もない掛け流し有 泉質 ナトリウム-塩化物・炭酸水素塩泉 …
  10. 一言特徴 良質な源泉掛け流し有 泉質 ナトリウム-塩化物温泉 pH7.7…

Twitter でフォロー

ページ上部へ戻る