スポンサード リンク

■温泉特徴

源泉名 横須賀温泉 湯楽の里
ナトリウム-塩化物強塩泉  (淡黄色微濁、湯の華有あり)
pH7.45 成分総計 29.33g/kg
加温あり、加水あり、消毒なし、循環なし (一部消毒・循環式)
露天風呂あり(展望よし)
シャワーあり、リンス別シャンプー
食事提供あり高い

 スポンサード リンク

■温泉クチコミ情報

東京湾の脇にある日帰り温泉施設で、施設から海の方向はさえぎるものが無いので、景観が素晴らしい。
晴れていれば、横浜ランドマークタワーや、アクアライン、対岸の千葉県富津・木更津まで展望でき、すぐ前の東京湾では大型貨物船やタンカー、時にはアメリカ海軍空母や海上自衛隊の護衛艦・潜水艦などが往来する。

温泉は露天風呂の2つの湯船に供給されており、上の湯では源泉かけ流し、隣の下の湯は循環式となっており、海を見ながら温泉に浸かる事ができる。
なお、露天の寝ころび湯は8席で循環式となっている他、デッキチェアや休憩ベンチがある。
内湯はすべて井戸水の白湯使用だが4人分の寝湯もある高濃度炭酸泉が特徴。また、約41度「白湯」は季節によってはイベント風呂となる。
他には水風呂、約85度の高温サウナ(テレビ付)、約65度の塩サウナ(テレビ付)、などがある。カランはすべて仕切りがあるタイプ。

別料金となるが、チムジルバンの岩盤浴「温熱房」は何回でも出入り自由。
設備も充実しており、紅炎釜からの遠赤外線で約70度となる薫風熱洞(サウナ)は20席で、なんとロウリュが機械自動式で定期的に実施される。
「岩温洞」はラジウム陶板、薬宝玉石、麦飯席、ゲルマ鉱石が各4床。
「塩温洞」はミネラル豊富な岩塩を使った8床。
ロビーも兼ねている「静話蜂巣洞(せいわはちのすどう)」は穴ぐらのような6床で、ロフト風の2Fにも8床ある。
なお、クールダウン用に約15度「涼冷洞」もあるが、岩盤浴利用者専用の「お休み処」からテラスに出て冬は冷たい外気に触れる事もできる。
そのお休み処にはリクライニングチェアが22席と漫画が設置されていて、ゆっくりくつろげる岩盤浴となっている。
※岩盤浴は小学生まで利用不可。

■温泉ソムリエより一言

横須賀温泉の施設特徴としては、岩盤浴にある自動機械式のロウリュや、内湯・人口炭酸泉の寝湯など珍しいものがあるが、なんと言っても、神奈川県では有数の強塩泉で、空気に触れて黄褐色に変わる温泉。掛け流し浴槽では湯ノ花も舞い、加水しているとはいえ、ちょっと舐めただけで強い塩分を感じる。
源泉名は横須賀温泉 湯楽の里で、地下1800mから44.9℃の源泉が毎分150リットル湧出。ただし、塩分が非常に濃いので、配管などを守る為、加水し、冷めた分加温しているが、消毒・循環なしの浴槽もあり素晴らしい。

■温泉施設情報

2011年4月20日オープンの新鋭施設で、玄関から入って正面の靴箱は無料のカギ式で、鍵は自分で管理。
受付で館内清算キーと、タオル・バスタオルを受け取る。清算は後払いでクレジットカード使用可能。
浴室は2階で、脱衣所ロッカーは空いているところを使う無料のカギ式。
無料のドライヤーも完備されている。
1階には海側にリクライニングチェアー21席の無料休憩室があり、他にもゲームコーナー、寝ころびマット12席+女性専用8席や、各種マッサージなどもある。
レストランは、オーシャンテラス席を備え、どの席からも海が見えるように工夫されており、景観も良いが、価格はちょっと高めだが、横須賀海軍カレーも頂ける。

なお、駐車場の一角に「横須賀 湯楽市場」が併設されており、三浦半島の野菜や果物など地元食材を購入できる。

■訪問時料金

大人(中学生以上)  平日1030円 土日祝1230円
小人(0歳~小学生) 平日510円 土日祝610円
※タオル・バスタオル付き

公式HP

下記のチケットだとお得です。


横須賀温泉 湯楽の里 お得なチケット

■アクセス

自動車の場合、横浜横須賀道路の終点・馬堀海岸IC出口を右折して、国道16号に出てすぐの最初の信号(ガソリンスタンド)を右折すると駐車場入口が右側にある。
駐車場は無料で236台、電気自動車のEV充電スタンドも3台分あり充電無料。
電車の場合、京急本線・馬堀海岸駅から徒歩12分。

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でフォローしよう!

 
スポンサード リンク

関連記事

 スポンサード リンク

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. 2016年 2月 02日

 スポンサード リンク

お勧め温泉

Twitter でフォロー

ページ上部へ戻る