油壷温泉「ホテル京急油壺観潮荘」新しく温泉になりました

「油壷温泉「ホテル京急油壺観潮荘」新しく温泉になりました」のアイキャッチ画像

ホテル京急油壺観潮荘に2020年4月から、新しく温泉が供給されましたので、宿泊してみました。

■温泉特徴

源泉名 油壷温泉
ナトリウム-塩化物温泉
成分総計 17.6g/kg
pH 7.5
加温あり・加水なし
循環あり・消毒あり
露天風呂あり
シャワーあり(流し放題型・水圧普通)
シャンプーはリンス別タイプ

 スポンサード リンク

■温泉ソムリエよりの情報

観潮荘の敷地内で温泉を採掘した結果、地下1514mより湧出し、2020年4月17日より、露天風呂に温泉が供給されました。
内湯は温泉ではない白湯に感じますが、露天風呂は塩分を感じる、加水なしの良湯でした。
夏でなければ、露天に入ったあと、体をシャワーなどで流さず、上がると、保湿・保温効果、抜群です。
夏季は、しっかり水分補給をしましょう。
油壷温泉は、観音崎京急ホテルの温浴施設「SPASSO」にも、新しく運び湯されています。
荒井浜海水浴場や胴網海岸は、近くに川が無く、ほとんど外洋ですので、海水がとても「キレイ」なうえに、遠浅で、波も静かです。
下記の宿泊ご予約はお早めに。


ホテル京急油壺 観潮荘

※トップ写真は宿のサイトより拝借

■施設

ホテル京急油壺観潮荘は、三浦半島の油壷にあり、標高は18mです。
玄関前が有料駐車場(宿泊無料)になっています。

ホテル京急油壺観潮荘

建物は2階建てで、エレベーターは無いので、客室には階段で上がる必要があります。
下記は今回宿泊させて頂いた客室例です。
窓は北側に面していますが、小網代湾を望めました。

ホテル京急油壺観潮荘

お風呂場は地下1階で、階段で降りて行きます。
客室にあるタオル・バスタオルを持参する方式です。
日帰り入浴では、脱衣所、無料の鍵付きロッカーですが、宿泊の場合は、カゴ式になります。
遅い時間などは、従業員さんも、お風呂利用されているようです。
ドライヤー完備ですが、アメニティー類は最低限となっています。

翌朝の朝食時間は、一番早い時間で朝7時30分からでした。

客室と館内では無料Wi-Fiが使えます。
テレビはBS映りませんでした。
トイレはオシュレットでした。

 スポンサード リンク

宿泊プランには、隣接する「京急油壷マリンパーク」の入場券がセットになり、チェックインの際に入場引換券をもらえます。
※午前中のチェックインの前でも、フロントで申し出れば、チケットを先にもらう事も可能です。
宿泊する場合、チェックインの際に、駐車券をフロントに提出すると、滞在中は無料になります。
要するに、翌朝、チェックアウト後、クルマはそのまま置いて、油壷マリンパークに行っても、追加で駐車料金が必要になることはありません。
※マリンパークの有料駐車場は、通常800円ですが、ホテルに止めたままであれば無料にできます。

■訪問時料金

大人1200円(税込)
小学生600円(税込)
※12歳以上は入湯税150円を別途必要。
※幼児無料(大人1名につき幼児1名)
レンタル・タオルセット300円

公式サイトの案内

※19時以降は混雑回避のため「整理券」式(人数限定)
月・火・木・金 受付 朝11時~21時30分
水 受付 14時~21時30分
土日祝・年末年始 11時~15時、19時~22時
※時間などは変更となる場合がありますので、最新情報にご留意願います。

 スポンサード リンク

■アクセス

京急久里浜線・三崎口駅より、京急バス「油壺行」「油壺マリンパーク行」に乗車して所要約15分、終点下車して徒歩1分。
駐車場は、ホテルの有料駐車場利用も、滞在中は、駐車券をフロントに提出すれば無料。
夏期の三浦半島は、道路が大変混雑します。

SPASSO 観音崎のリゾートスパ「観音崎京急ホテル」