松江しんじ湖温泉 松江ニューアーバンホテル別館~宍道湖を望む展望内湯

 スポンサード リンク

最近は、温泉ではないビジネスホテルやシティーホテル・リゾートホテルでもご紹介していますが、ここ、島根県の松江ニューアーバンホテル・別館は、温泉の大浴場があるビジネスホテルになっています。

■温泉特徴

源泉名 松江しんじ湖温泉・第1泉源
湧出量 200リットル/hを分配
ナトリウム・カルシウム‐硫酸塩・塩化物泉
pH不明 成分総計 1.93g/kg
加温なし、加水あり、消毒・循環あり

露天風呂なし
シャワーあり(節水型・水圧普通)
ボディーソープ/リンス別シャンプー
食事提供:本館にてあり(高い)

 スポンサード リンク

■温泉クチコミ情報

松江しんじ湖温泉は、宍道湖畔に湧出する天然温泉で、かつては「松江温泉」と言う名称でしたが2001年に変更されました。
地下1250mから湧出する76.5℃の第1源泉は、温泉旅館や付近のホテルなど8施設に配湯されており、その温泉がここ松江ニューアーバンホテル別館にも届いていると言う事になります。
第2源泉は82.3℃ありますが、こちらは温泉スタンドになっているようです。
まぁ、玉造温泉、鷺の湯温泉の仲間的な泉質の温泉と言えるでしょう。
大浴場は別館3階にあり、内湯のみですが、窓からは宍道湖の展望もあります。
本館に宿泊する場合でも、もちろん別館の温泉利用が可能です。

■ホテル施設情報

今回は、出雲空港に出張した際には、松江市の松江ニューアーバンホテル別館に宿泊させて頂きました。
松江ニューアーバンホテルは「本館」と「別館」と2棟あり、予約する時点で、施設名じたいがわかれています。
本館の方が古い建物で、あとから建設されたのが別館となり、温泉大浴場は別館の3階にあります。
脱衣所はかご式ですが、カギがかかる貴重品ロッカーもありますので、安心です。
ドライヤー完備。
夕方17時からは浴室入口のスペースにてラーメンや割子そば、生ビールなどを500円程度で頂ける軽食もオープンします。

宿泊ですが、全館無線LAN(Wi-Fi)とあり、確かに、各階にwi-fi来ていてアンテナ立つのですが、接続があまりよろしくなくて、使えないと言うよくあるパターンでした。

本館の1階が小さなコンビニになっていますので、缶ビールやジュース類などの買い物も便利です。
朝食付きにしたのですが、レストランは、宿泊した別館ではなく、本館の9階で朝ごはんとなりました。
バイキング形式でして、朝の開始時間、少しフライニングでもOKです。
食べ終わったあと、食器は自分で下げるセルフ式です。

クチコミの評判などは下記にて・・。


松江しんじ湖温泉 ニューアーバンホテル別館

※写真は施設HPより拝借。

■訪問時料金

日帰り入浴1000円(税別)
※フェイスタオルつき

ただし、先に館内のレストランで1000円(税別)以上の食事して、温泉も入りたいと申し出ると、追加150円だけ(入湯税だけ?)で入浴できるとホームページに記載があります。

公式HP 公式サイト

■アクセス

松江ニューアーバンホテル別館へのアクセス・行き方ですが、JR山陰本線「松江駅」北出口から、松江市営バス北循環線外回り行きで、約7分、松江市役所前停留所下車して、徒歩約1分となります。
私鉄・松江しんじ湖温泉駅からだと徒歩5分です。
JR松江駅から歩くと約1.7km、徒歩25分といったところです。
あと松江駅への無料送迎が30分間隔くらいであるようです。

下記の地図ポイント地点が無料駐車場の入口となります。

駐車場所は、係員さんがいて指定されました。
一部は2段昇降式になっていて、その場合、クルマのカギをフロントに預ける必要があります。

国宝「松江城」の魅力と築城した大名の堀尾忠氏とは~松江城を2倍楽しむ方法
山陰地方の史跡・城跡へのカーナビにも便利な地図

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でフォローしよう!

スポンサード リンク

関連記事

 スポンサード リンク

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

 スポンサード リンク

お勧め温泉

Twitter でフォロー

ページ上部へ戻る