辰頭温泉 きめ細かい泡がたくさんある天然の炭酸泉をぜひ体験してほしい

 スポンサード リンク

熊本県菊池市にある辰頭温泉(たつがしら)で、天然の通称「炭酸泉」(炭酸水素塩泉)を堪能して参りました。

■温泉特徴

ナトリウム-炭酸水素塩温泉・塩化物泉
成分総計2.7456g/kg
pH7.81
加温なし・加水なし
循環なし・消毒なし
100%源泉掛け流し(放流型)
露天風呂あり
シャワーあり(節水型・圧力弱い)
※シャワーも温泉?
シャンプー類なし
食事提供なし

 スポンサード リンク

■温泉クチコミ情報

正直に申し上げます。
神奈川県に住む私に取りましては、人工炭酸泉に入浴する事はあっても、天然の「あわあわ」がたくさんお湯に見ることができる天然炭酸泉を堪能できる機会は、ほとんどありません。
そのため、熊本の辰頭温泉にて、事実上の天然炭酸アワアワを初体験することができました。ありがとうございます。
保健所からの指導で、炭酸ガス濃度が高すぎると言う事で、今では泡の量も少なくなったようですが、それでもこの細かな泡には感動ものです。
人工炭酸泉の粒よりも、非常細かい泡でして、まさにクリーミーな温泉と言え、しかもドバドバと100%源泉掛け流しであり、非常にお勧めできる日帰り温泉でした。
内湯と露天風呂にと2本の自家源泉が割り当てられていますが、いずれも「ぬる目」なので、長湯もできます。
炭酸水素の含有量は1500mg/kgと、普通の高濃度人工炭酸泉よりも、濃度が高く、鉄の臭いと重曹の味がしますので、肌も綺麗になる温泉です。
しかも「安い」です。

<追記>

温泉の成分が純粋な二酸化炭素泉(単純二酸化炭素泉)だけのものを炭酸泉と言いますが、とても数は少ないです。
天然温泉では泉質上、炭酸水素塩泉など炭酸水素塩泉が多く含まれている温泉は、通称「炭酸泉」と言いますので、当サイトでは他の施設さんも含めて、濃度が高ければ炭酸泉としてご紹介致しておりますこと事をご確認申し上げます。

■施設

アワアワで人気の辰頭温泉。
田舎にある平屋づくりの日帰り温泉ですので、設備はそれなりですが、2015年3月より経営者が変わり、現在に至っています。

玄関を入って両側に靴箱がありますが、カギ式ではありません。
正面の券売機で入浴券を購入して、受付に提出し入浴します。
休憩室利用の料金でなければ、1回入浴式ですね。

石鹸やシャンプー類はありませんので、持参するか、受付で別途購入も必要です。

脱衣所はカゴ式で、洗面台脇に無料の貴重品ロッカーがありました。
ドライヤーは1台だけです。

設備としては露天風呂に水風呂があります。
いいお湯ですので、是非訪れてみてください。

※トップ画像は施設サイトより拝借。

■訪問時料金

大人300円
小学生100円
※未就学児は無料

休憩室利用は入浴料込みで700円

通常営業時間は朝6時~22時
※年末年始などは要確認

公式HPは無くなった模様です

■アクセス

辰頭温泉(たつがしら)への行き方・アクセスですが、下記の地図ポイント地点が無料駐車場となります。

地図は縮尺を変えてご覧願います。
現地までの道はわかりにくいので、カーナビで設定して行くと良いでしょう。

大谷の湯 熊本空港までクルマで20分の緑がかった良質温泉
鹿児島や熊本の史跡巡りに役立つGoogleマップ

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でフォローしよう!

スポンサード リンク

関連記事

 スポンサード リンク

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

 スポンサード リンク

お勧め温泉

Twitter でフォロー

ページ上部へ戻る