箱根小涌園が再開発へ「箱根小涌園・天悠」2017年4月20日オーブン予定

2014-11-12

箱根小涌園を運営する藤田観光は、箱根小涌園の「箱根小涌園ユネッサンイン」と、隣接する「渓谷エリア(通称・湯~とぴあ)」を2014年11月より、解体工事を開始する。
そして、客室150室を備えた地下1階、地上9階建ての新ホテルを建設する予定。
新ホテルでは全客室に露天風呂を備えるとともに、異なる眺望が楽しめる大浴場2カ所、回遊式庭園、和のおもてなしと食事を提供するレストランなどを設置すると言う。
その後、この全室温泉露天風呂付旅館は「箱根小涌園・天悠」(てんゆう)と言う名称になることが発表された。

と言う事で、箱根小涌園ユネッサンは、今まであった「湯~とぴあ」と「25mプールエリア」は、既に閉鎖されていることを付け加えさせて頂く。

その後、箱根ホテル小涌園の老朽化に伴い、2018年1月10日で営業を終了し、建物を壊すことも視野に入れていることが明らかなった。

誤解がないように記載しておくが、小涌園そのものがすべて営業終了するわけではなく、藤田観光としては「箱根小涌園ユネッサン」を主体とした温泉リゾートの再開発を引き続き進めており、冒頭の「箱根小涌園・天悠」は、2017年4月20日にオープン予定となっている。


箱根小涌園 天悠

箱根小涌園ユネッサンの紹介はこちら

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でフォローしよう!

 スポンサード リンク

お勧め温泉

Twitter でフォロー

ページ上部へ戻る