片山津温泉 大江戸温泉物語「ながやま」 柴山潟を望む露天風呂も堪能

片山津温泉 大江戸温泉物語「ながやま」 
 スポンサード リンク

柴山潟を望む露天風呂も堪能。
加賀片山津温泉の大江戸温泉物語「ながやま」さんは、柴山潟花火も鑑賞できる温泉旅館です。

■温泉特徴

源泉名:片山津温泉(2号泉)
ナトリウム・カルシウム―塩化物泉
片山津温泉配湯所から全旅館に源泉を共同配湯(総湯含む)
成分総計15.21g/kg
pH7.0
加温あり・加水あり
循環あり・消毒あり
露天風呂あり
シャワーあり(節水型・水圧普通)
シャンプーはリンス別タイプ
食事提供(ランチ)なし

 スポンサード リンク

■温泉ソムリエよりの情報

柴山潟の湖畔にある温泉旅館で、露天風呂からは目線に近い状態で、湖の展望があるのが特徴です。
源泉温度は72℃で、毎分400リットルを勝山津温泉の総湯を含む旅館に分配しています。
夏(8月)には、毎日「納涼花火まつり」として、夜21時15分頃から、花火も打ちあがります。

※トップ写真は旅館サイトより拝借

■施設

玄関を入って、左側に鍵付きの靴ロッカーがあり、宿泊の場合には、カギは自分で管理。
日帰り入浴の場合には、フロントにカギ提出となります。
日帰り入浴の券売機も靴ロッカーのところにあります。

大浴場には、客室からタオル・バスタオルを持参する方式です。
脱衣所のロッカーはカゴ式ですが、貴重品ロッカーもありました。
アメニティー類もあります。

 スポンサード リンク

客室のトイレはオシュレットで、消臭剤もありました。
テレビはBSが映らない、地上波だけのタイプになります。
館内Wi-Fiはありますがロビーだけで、部屋では無理でした。

大衆演劇「ながやま座」や、夏季限定で、屋内プールもあります。

朝食時間は、朝7時からで、多少のフライング可能でした。

宿泊する場合には下記をご参考ください。


大江戸温泉物語 加賀片山津温泉 ながやま

家族の感想は下記の通りです。

湖畔の露天風呂は、ぬる目と高温と2鵜飼浴槽がありました。
夏の花火のサービスも素晴らしいと思います。
花火は、柴山潟をのぞむ中庭に出て、鑑賞している宿泊者さんも多かったです。(奥さん)

■訪問時料金

日帰り入浴の場合には下記の通りになります。

大人700円~1000円
小学生 350円~400円
※フェイスタオル100円、バスタオル200円

公式サイト

■アクセス

北陸本線・加賀温泉駅から送迎車で約10分となります。
その他、岸和田駅・なんばOCATからの直行バス、金沢駅・富山駅からの宿泊者限定無料バス(予約制)もあります。

駐車場は無料で約300台完備ですが、旅館前は早く埋まります。
当方のオリジナル地図にて、駐車場の場所をポイント致しております。

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でフォローしよう!

スポンサード リンク

関連記事

 スポンサード リンク

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

 スポンサード リンク

お勧め温泉

Twitter でフォロー

ページ上部へ戻る