スポンサード リンク

ようやく宿泊する機会に恵まれましたので、ついでにスパも利用して参りました。

■温泉特徴

源泉名:小田原温泉
台帳番号・小田原第7号、第8号の混合泉
ナトリウム-塩化物強塩泉
pH7.5
成分総計 28.02g/kg
加温有・加水なし
循環式・消毒あり
露天風呂あり
シャワーあり(圧力弱い・節水型)
リンス別シャンプー
食事提供あり(価格高い)

 スポンサード リンク

■温泉クチコミ情報

もともとは公共ホテルと言う事で温泉もあまり期待していなかったが、加温・循環式とは言え、しっかりと塩分があるなかなか良い温泉で、身体がとても暖まる。
源泉温度は23.4℃と言いますので、ほとんど海水が若干熱っせられているような感じだと思いますが、加水なしのため、塩味がして、浴室内も海の臭いがします。
眺望の良い露天風呂、内風呂、水風呂、サウナがありますが、ホテルの規模と比べますと、浴槽などはそんなに大きくありません。
ただし、昼間でしたら、土日でもそんなに混雑はしていないと思います。

ホテルには岩盤浴がありますが、温泉の場所とは離れており、別料金でしかも3400円と高いです。
また、水着を着用して入る「バーデゾーン」は、屋内外には11種類のプールを有する施設で、こちらも裸で入る温泉とは場所が異なります。
お子様はこのプールの方が喜ぶと思います。
宿泊する場合には、温泉大浴場と、プールも無料利用できますので、水着を持参しましょう。

■施設

ヒルトン小田原は大変豪勢で立派な施設ですが、元々は雇用促進事業団が勤労者福祉施設として約450億円を掛けて建設し、1997年10月にオープンした豪華でも安い温泉ホテルでした。
当然、莫大な予算を掛けた施設であり「赤字運営」だったところを、8億5千万円で小田原市へ売却され、市が「ヒルトン」に運営を委託する形で2004年2月1日にリニューアルオープンした豪華ホテルです。
東京ドーム5個と言う広大な敷地の中に、約170室となるホテル、天然温泉、テニスコート、ボウリング場、屋内プールなどの施設が備わっています。

宿泊者は無料で温泉施設やプールを利用可能です。チェックイン前、チェックアウト後もその日であれば何回でも利用可能です。
部屋にてナイティー・バスローブ・スリッパを履いて向かってください。ただし、この格好で1階フロントを徘徊するのは禁止されています。

受付は正面玄関を入って右手に向かった先の1階バーデゾーンのフロントとなります。
そこで料金を支払い、プールの場合はそのまま1階から入場となりますが、温泉はエレベーターで3階へ上がります。

脱衣所入口には、貴重品ロッカーとカギ付の靴箱があり、靴の鍵は自分で管理です。
日帰り入浴の場合には、受付にてロッカーのカギを渡されていますので、その番号のロッカーを使用します。
宿泊した場合には、鍵のロッカーは使えず「カゴ式」となります。
タオルとバスタオルは脱衣所に置いてある使い放題式です。

豊富ではありませんが、髭剃りや最低限のアメニティー類や、ドライヤーも揃っています。

プールとのセットプラン、昼食バイキングとの割引プランなどもありますので、用途に応じて選択すると良いでしょう。
昼食レストランとのセットですと割安感があると思いますが、レストランは時間予約が必ず必要です。(混雑していなけけば、当日の現地到着後でも十分予約はできます。)

自動販売機もありますが、高いです。

Hiltonですので、レストランなどは当然、西欧系の外国人スタッフもおります。

※写真は施設HPより拝借。

■訪問時料金

バーデゾーンと温泉大浴場は、宿泊者無料。
天然温泉大浴場だけ日帰り利用の場合は下記の通り。
タオル・バスタイルの利用無料

大人1700円~
小人(4歳~小学生)1000円~
※3歳までは無料
※12歳以上は入湯税が100円必要です。

ビジター利用可能時間は、9:00~21:00。

公式HP


ヒルトン小田原リゾート&スパ (お得な日帰りプラン)

■アクセス

電車の場合、JR東海道本線の「根府川駅」から無料送迎バスで所要5分。
無料駐車場は約300台完備。
行き方やアクセスは下記の地図をご参照願います。

国道から山の上へと上がって行きます。
国道から右折するところを過ぎてしまうと、かなり遠回りとなりますので、初めて行く方は、カーナビで設定してから出掛けた方が無難です。

ニュー小田原城~2016年リニューアルの小田原城を訪ねて
石橋山古戦場【源頼朝挙兵の地】行ってきました訪問記・駐車場
真鶴半島の三ツ石海岸で満喫する海の大自然と琴ヶ浜海岸の磯遊び情報
箱根神社と箱根権現~関東屈指のパワースポットで開運と縁結びUP
箱根の観光スポット情報はこちら

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でフォローしよう!

 
スポンサード リンク

関連記事

 スポンサード リンク

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

 スポンサード リンク

お勧め温泉

  1. ■温泉特徴 源泉名 横浜温泉(獅子ヶ谷温泉) ナトリウム-炭酸水素塩泉 黒湯(透明度5c…
  2. ■泉質  源泉名:湯の花揚湯2号泉(箱根町揚湯2号) カルシウム・ナトリウム・マグネシウム一硫酸塩…
  3. 一言特徴 源泉掛け流しが多い 泉質 アルカリ単純温泉 pH9.73 成分…
  4. 一言特徴 良質な源泉掛け流し有 泉質 ナトリウム・カルシウム -硫酸塩・…
  5. 一言特徴 循環も湯使いが良い温泉 泉質 ナトリウム-炭酸水素塩・塩化物温泉…
  6. 一言特徴 源泉掛け流し有 泉質 アルカリ単純温泉 pH9.3 成分総計 …
  7. 一言特徴 人工温泉は素晴らしい 泉質 温泉ではない 露天風呂 …
  8. 一言特徴 サウナが混浴 泉質 単純温泉 pH7.34 成分総計 0.2…
  9. おふろの王様「相模原店」は、定期借地権満了に伴い、2017年12月31日で閉店予定となりました。 …
  10. 一言特徴 良質な源泉掛け流し有 泉質 ナトリウム-塩化物温泉 pH7.7…

Twitter でフォロー

ページ上部へ戻る